阿弥陀峯の大猫-湯沢町の民話-

『新潟県伝説集成 中越篇』

 飯士山の東に阿弥陀峯という山がある。

昔、百姓たちは雪が少なるなるころにこの山に入り、

小屋を作って寝泊まりし、

木を切って薪を生産した。

村人はこれを「泊まり山」と呼んでいた。

この薪は積んで乾かし、

雪が消えると牛馬で家へ運んだ。

 この山には水がなかった。

人々は樽を背負って、垂れ下がった藤づるを伝わって、

谷川まで水をくみに行った。

 ある年、七人の若者が、

この泊まり山で薪作りをしていた。

すると近くで、山あいに響きわたるような、

大きな猫の鳴き声が聞こえてきた。

驚いた若者たちは小屋に集まり、

手に手に斧や鎌を持って襲撃に備えていたが、

ついに姿を見せなかった。

後でその場所に行って見ると、

雪の上に丸盆のような大きな足跡があったという。

(原文そのまま引用。読みやすく改行を独自に加えました。)