魚野川の河童-南魚沼市(旧六日町)の民話ー

出典『方言で読む越後・魚沼の昔咄』

 城内に泉、泉新田というところがある。

このあたりは昔、飯島といったのだが、

このあたりの庄屋の旦那が、ある日、

馬を川の土手の柳の木につないで、

ちょっと昼寝をしようと家へ帰った。

 そうしたら、水の中から河童が馬を見つけた。

このあたりは大小たくさんの河童が住んでいて、

夏になるとその河童が出て悪いことをするのだ。

河童は久しぶりの御馳走だ、

この馬の尻こ玉を抜いてやろうと、

水の中から出てきて馬の尻に飛びついた。

とにかく河童は、頭の皿に水がある内は千人力。

その力でガブッと馬の尻に食いついた。

馬は四つ足でふんばって必死に頑張った。

そうして後ろ足でけり上げた拍子に柳の枝が折れて、

綱がとけた。

馬はソレっと飛ぶように走って自分の馬屋へ逃げ込んだ。

今度は河童が驚いた。

馬の尻尾にしがみついたまんま、

一緒に馬屋へ入ってしまった。

庄屋は、馬屋で音がするので行ってみると、

馬は帰っていて飼葉桶がひっくりかえっていた。

しかも、そのでっかい飼葉桶が、

ズルッズルッっと動くので、

おかしいと思って中を見てみると、河童がいた。

河童はここまで来るまでに

頭の皿の水をみんなこぼしてしまっていた。

水をこぼすと、河童は子供みたいに弱くなるそうだ。

背が小さくて弱い河童を庄屋はつかまえて、

首に縄をかけてぶらさげると、

河童は

「どうか勘弁してくれ、もう悪いことしないから」

と言うので、庄屋は

「じゃあ証拠を見せろ」

と言った。

すると河童は

「俺は今後絶対に、

この飯島一帯の子供の尻こ玉は抜かないし、

いたずらや悪さはしない。

その証拠に、

ほかの子供と見分けがつくように、

生まれてくる子供は、

背中に左巻きの産毛を生えさせる。

それを目印にする。」

といったので、勘弁してもらえた。

それからこのあたりの子供は、

尻こ玉を抜かれることはなくなったそうです。

だから今でも、飯島の子供は、

背中に左巻きの産毛が生えているという話だ。

(原文要約)